MENU

うがい、手洗い、マスクでインフルエンザ予防

どのようなうがい・手洗い・マスク着用がいいのか、インフルエンザ予防法として考えてみましょう。

 

うがい

うがいは外出後、きちんと毎回おこないましょう。知らない間に口の中にはウイルスが侵入している可能性があります。そのままにしておくと体内に入っていってしまうので、うがいをすることでウイルスを追い出しやすくなります。またうがいをすると喉が潤うので、乾燥によるウイルスの繁殖も抑えることができるでしょう。のどがイガイガするな…というときは、うがいをするとすっきりします。

  • 水を口に含んで、ブクブクと強めに口の中を洗い、一度吐き出します。
    ※できれば2度ほど同じブクブクうがいを繰り返すことをおすすめします。
  • 再度水を含んで今度は喉の奥まで水が行き届くようにガラガラうがいをします。
    ※上を向いて喉に水を感じるまで、時間としては15秒程度が目安です。

 

手洗い

外出した時など、手はいろいろな物に触れますよね。そのどれにも細菌やウイルスが付着していると思ってください。その手のままで何かを食べたり飲んだりすると、自然と体内にウイルスが入ってきてしまいます。特に外出後や食事の前は手洗いを徹底しましょう。

  • 水だけで手を洗い流し、石鹸で泡を立てる
  • 手のひら、手の甲、指の間などを泡で擦り合わせながら洗う
  • 指は1本1本ねじるようにして付け根まで洗い、爪は手のひらで擦って洗う
  • 最後に手首まで泡をつけて擦り洗いをする
  • 水で洗い流し、清潔なタオルを使って手を拭き、水分を取り除く

手洗いはうがいの前におこなうようにして、体内にウイルスを侵入させないように気を付けてくださいね。

 

マスクの着用

冬になるとマスクの着用をする人が増えますが、マスクを着用することによってウイルスや細菌が侵入するのを防いだり、喉の乾燥を防いだりする役割があります。
特にマスクを着用してほしい場所は、人混みですね。満員電車など、人が密集している場所ではウイルスや細菌が自然と飛び回っています。マスクで完全に防げるという確実性はありませんが、マスクがあるだけで口からウイルスや細菌が入りづらくなるでしょう。
冬場は人混みの中でマスク着用を心掛けてください。マスクを着用していても、サイズが大きくて口とマスクの間に空間が空いてしまうものはあまり意味がないので、ぴったりとフィットするマスクがおすすめです。