MENU

インフルエンザに特に注意が必要な人

インフルエンザには、誰でもかかりたくないですよね。高熱による倦怠感や関節痛、喉の痛みや鼻水などいろいろな症状が一気に襲ってきます。でも、インフルエンザが怖いのはそれだけではありません。インフルエンザにかかって身体が弱ることによって、他に怖い合併症を引き起こす可能性があることです。その結果、インフルエンザがきっかけで命を落としてしまうことだってあるので、インフルエンザなんて我慢していればそのうち治る、と思わないようにしてくださいね。

 

インフルエンザに特に気を付けて欲しい人

高齢者

高齢になると、インフルエンザは重症化しやすいといわれています。年齢としては65歳以上ですね。まだまだ若いと思っている人もいるかもしれませんが、身体は確実に年齢を重ねているものです。今までインフルエンザワクチンなどを接種したことがなかった人も、65歳を過ぎたら接種して重症化を防ぐようにしましょう。

乳幼児

まだ免疫機能が正常に備わっていない、免疫力が十分ではない乳幼児も重症化しやすいでしょう。高齢者と同じように、インフルエンザがきっかけとなって合併症を起こしてしまう可能性もあるので、乳幼児の感染予防も徹底したいですね。兄弟がいて幼稚園や学校などに通っている場合は、知らない間にうつる可能性もあります。通常はあ6ヶ月未満の乳児にはワクチンを接種しないことになっているので、生活の中でしっかりと防げるようにしたいですね。

基礎疾患がある

慢性的な心不全や先天性心疾患、腎不全や糖尿病、呼吸器疾患…というように基礎疾患がある人も、重症化しやすいですね。インフルエンザにかかることで、基礎疾患の症状も強く出やすくなってしまうからです。慢性的な基礎疾患は、特に高齢者に多い疾患だと思いますが、若くして基礎疾患がある人はインフルエンザにかからないようにしっかりと予防しましょう。

妊娠中

妊娠中は基本的に、医師からOKをもらった薬しか飲んではいけない、といわれています。インフルエンザにかかってしまうと、タミフルなど抗インフルエンザ薬で治療しますよね。タミフル自体は妊娠していても飲んで問題はない薬だといわれているのですが、怖いのはインフルエンザが重症化することです。妊娠中はインフルエンザウイルスの影響で胎児に精神障害のリスクも高まるといわれていますので、お腹の中にいる赤ちゃんのためにも、インフルエンザにかからないよう予防することが大切です。