MENU

インフルエンザの初期症状

インフルエンザウイルスが体内に入り込んで感染するまでに数日間あります。ただしあまり長くなく、1日から3日ぐらいの潜伏期間ののちインフルエンザが症状として発症します。

高熱

風邪とインフルエンザで大きく違うのは、初期症状で発生する熱です。風邪の発熱はなだらかに上昇していくことが多いですが、インフルエンザの発熱は急な高熱が出ます。いきなり38度以上の発熱になることが多いですね。
※予防接種などの効果で気が付いた時には微熱程度の熱の場合もあるということを覚えておきましょう!

全身の筋肉痛や関節痛

筋肉や関節がウイルスによって悲鳴を上げている状態です。痛みを感じるのは風邪も同様ですが、発熱があったことによってより痛みも急激に強く感じやすいです。

倦怠感

倦怠感というのは、とにかく動きたくない、身体が重い、きついというような状態ですね。もう何もしたくないぐらいに辛い全身症状です。

頭痛

インフルエンザの種類にもよりますが、特に初期症状として子供でも頭痛があるということもよくあります

食欲不振

風邪でも起こりますが、特に食欲不振になりますいです。風邪の時は食欲が落ちないという人でも、インフルエンザになると食欲不振を感じるというぐらいです。

 

初期症状後に現れる症状

上の初期症状が現れた後、発生する症状が呼吸器症状です。

  • 喉の痛み
  • 鼻水や鼻づまり

といった症状ですね。一般的な風邪と同じようなものなのですが、これらの症状は初期症状で苦しんでいた倍近くは悩まされることになります。初期症状が3日ほどで、次に現れる呼吸時症状が1週間程度ですね。

 

インフルエンザは初期の対策が大事

インフルエンザウイルスが体内に摂りこまれたからといって、すべての人がインフルエンザになるとは限りません。免疫力が強い人は、体内に入ったインフルエンザウイルスを免疫細胞がやっつけて、何事もなかったように身体を守ってくれるでしょう。
またインフルエンザにかかったとしても、初期症状の段階で薬を飲んだりすると、症状は軽く済むともいわれています。インフルエンザの初期症状に気づいて、できるだけ早く対策をして改善できるように取り組みたいですね。
一番の理想は感染しない体づくりです。そのために免疫力も十分高めておきましょう。