MENU

免疫力をつけて予防

インフルエンザ予防のために、免疫力をアップさせましょう。

免疫力が低下すると感染・発症する?

免疫力が低下することが、インフルエンザを始め様々な細菌やウイルスに身体がやられてしまう原因だといわれています。特に冬場はウイルスが活性化しやすい環境が整っています。空気が乾燥していて粘膜の乾燥もひどくなり、低温乾燥という状態が続くからです。実は低温乾燥になってしまうと、人間が本来持っている免疫力も低下します。その結果、ウイルスや細菌が活発に活動することを許してしまい、感染・発症につながります。

免疫力って何?

 

免疫力というのは、その人それぞれに備わっていると、余計なものや有害なものと戦う力のことです。免疫細胞というのですが、毎日体内に入ってきた敵をやっつけるために頑張ってくれています。人間の身体には毎日、たくさんのウイルスや細菌が侵入しています。また体内でも有害な物質が発生しています。それらをやっつけるのが、免疫細胞の役割であり、その人が持つ免疫力なのです。

現代人は免疫力が低下している?

現代人は免疫力が低下しやすいといわれています。加齢などでも低下するのですが、若いのにすぐに体調を崩してしまう人は免疫力が低下していると考えてください。ストレスや食生活などで低下しやすくなっているでしょう。環境の変化によって、昔と比べると免疫力が弱い人が多い、という結果も出ています。

 

免疫力をあげる方法

免疫力をあげることが、健康維持にもインフルエンザ回避にも役立ちます。免疫力を高めるために大事なことといえば、やはり規則正しい生活、そしてストレスから解放されることです。さらに、最近は乳酸菌摂取によって免疫力を高めることができる、と期待されています。インフルエンザにかからずに過ごせている人は、免疫力がしっかりと備わっている証拠です。辛い不調に悩まされない身体を、免疫力アップによって手に入れませんか。特に冬は風邪やインフルエンザなどが怖い時期なので、免疫力をアップさせておくと、とても元気に過ごせます。